肌の漂白剤と呼ばれているハイドロキノン

シミができると、顔の印象がガラッと変わってしまい、できる場所によってはかなり老けて見えてしまいますね。
特に頬の上や目元にできるとなかなかお化粧でも隠れませんし、実年齢よりかなり老けて見えてしまうのですが、残念ながらその部分はかなりシミができやすいのです。
なぜかというと、そのあたりは皮膚が薄くて水分量が少なくなりがちなので、肌バリアが薄いということが言えます。
また、シミの原因となる紫外線が当たりやすい場所ということも言えるのですね。
ですから、帽子や日焼け止めなどで徹底的に日焼け防止をするべきなのですが、頑張って紫外線をブロックしていてもシミができる場所でもありますね。
ではできてしまったシミはどうしたらいいのかというと、そこで登場するのがハイドロキノンです。
ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれていて、できてしまったシミを薄くし、目立たなくしていくことができるのです。
これが登場するまでは美白といえばもっぱらビタミンCでした。
ビタミンCには、確かにメラニン色素を阻害し、シミを予防する働きがあるのですが、できてしまったシミに対しては効果が今一つで、本気でどうにかしたければかなりお金をかけてレーザー治療でもするしかなかったのですね。
ハイドロキノンは、定着してしまったメラニン色素にも働きかけ、破壊していくことができるので、ビタミンCをずっと強力にしたものと考えると良いでしょう。
美容クリニックでも扱っていますし、市販もされています。
専門のクリニックの物のほうが勿論濃度は高く、効果も出やすいですが、市販の物でも根気よく続けていると徐々にシミを薄くすることができるでしょう。
レーザー治療よりはリーズナブルですし、手が出しやすいアイテムでもあります。

▼ハイドロキノンでお肌対策する前に知っておきたい、目の下のクマについての知識
目のクマ治療について詳しく解説